平成26年8月9日(土)10日(日)に開催された講座の様子と参加者の方の声を紹介します。

誰もが実践できるヨーガ 〜本当の自分を探して〜

今年も講座『誰もが実践できるヨーガ』を開催しました。今年で3年目になる講座ですが、今回は、『誰もが実践できるヨーガ〜本当の自分を探して〜』というタイトルのもと、1日目は、『講座:誰もの中にある真実』2日目は、『キールタン:神の愛に触れる!』と『トーク・ Q&A ヨーガに生きる』と、二日間を通して学びと実践を行いました。

1日目、『講座:誰もの中にある真実』は、京都の大先輩サーナンダさんと、松山のスタッフ、アーナンディーが担当しました。台風が接近する中、無事開催でき、43名の方々に集まっていただきました。地元松山だけでなく、西条や大阪、京都からも参加していただきました。

 前半は、まず、心のカラクリを学びました。この世は常に移り変わること(諸行無常)。それに執着すれば、苦しみが生まれること。その執着の理由(自分の好き嫌い)も実に曖昧であること、そして、その都度、印象が心に記憶され、それに支配され、心の動揺は止むことがない。図解を使って、丁寧に、わかりやすく、お話ししていただきました。「これまで学んできたことが、つながりました!わかりやすかったです」という声もありました。

 軽くアーサナを行い、瞑想をした後、誰もの中にある真実をどのように探して行けばいいのかを、学んでいきました。ヨーガには、アーサナ(体位法)や瞑想などの実践がありますが、バクティヨーガというアプローチの方法もあります。形のない真理がつかみやすい存在として顕われた人格神や聖者に愛をもって近づいていくという方法です。実際の体験談を聞かせていただきながら、学んでいきました。「そういうヨーガの方法もあるんですね!やってみたいです」という感想もありました。人の心の性質は様々です、それぞれに合った実践法があるのがヨーガの大らかさだなあ、と思います。

 参加された皆さんの感想の中から一部を紹介します。

「心の理がよくわかり、励みになりました」

「とてもすんなりヨーガの全体が理解できました。腑に落ちた感じです。アーサナ以外も努力してみます。楽しくなってきました。ヨーガとの縁に感謝です」

「よかったです。誰もの中にある真実に触れてみたいと思いました」

「本当の自分は、神、愛であるというお話をお聞きして感動しました。いつの日か、それを実感したいと強く思いました」

「変化するものや、不確実な心に振り回されることから離れ、本質を見抜く力をもっと強くしたいと思います。それとともに、神と共に常にある、神のことでいっぱいにして、本当の愛、愛するということを身につけていきたい」

 

2日目は、まず『キールタン:神の愛に触れる!』で、京都の先輩ミラバイさんと松山のスタッフ、アミティの二人が担当しました。31名の方が参加してくださいました。

神と魂を結ぶ愛の歌―キールタンは、神の御名を繰り返す、とてもシンプルな歌です。1日目の講座で学んだバクティヨーガの実践のひとつになります。今回は「ナーラーヤナ」という神を讃える歌を歌いました。神の御名を繰り返すことにどういう意味があるのか?私たちが人を好きになった時に、その人の名前が特別なものとなり、その名前を思うだけで、口にしただけで、歓びに満たされ、もっともっと愛が大きくなり深まっていく、そういう経験はきっと誰もがしているはず。それと同じで、神の御名を唱えることは、神に近づき愛すること。その神とは、私たち誰もの中にある真実と言われます。誰もが簡単に歌うことの出来るキールタンは、実は、ヨーガの目的でもある、神なる本当の自分を知るための一つの道なのです。そんなことを学びながら、みんなでキールタンを歌っていきました。

キールタンは初めてという方もおられ、最初は緊張気味だった参加者の方も、キールタンを繰り返し歌っていくことで緊張もほぐれ、だんだんと表情がいきいきとしてくる様子がわかりました。一人一人が神の御名を唱える姿は、本当に美しかったです。

 

参加された方の感想を一部紹介します。

「キールタンが初体験ということもあり、久しぶりに声を出して歌って、とても気持よかったです」

「キールタンに初めて参加して、瞑想と同じ状態になるという話を聞いてびっくりしました。そういう方法もあることが知れてよかったです」

「キールタンを歌うことは、無になれることだと思った。違うヨーガの形を知ることができました」

「神の御名を唱えることによって訪れる感覚は、神そのものと、その愛に触れる歓びなんだと感じました。神の御名を唱えることによって神に近づいていきたいです」

「言葉を失ってしまうほど、心が動きました。自分の中に神聖なものがあるのだと思って、そこをめざしていきたいと思うことができました。とてもうれしかったです」

 

2日目後半は、サーナンダさんとミラバイさんによる『トーク・Q&A:ヨーガに生きる』でした。

ミラバイさんの具体的で地道なヨーガの実践のお話を聞くことができ、ヨーガを学ぶひとりひとりの大きな励みとなりました。また、会が終わっても、次々と具体的な質問をお二人に尋ねておられ、参加者の方の熱意を感じました。

 

二日間を通して、参加されたみなさんが感じられたことを、日常の実践につなげていただけたらうれしいです。また、ともに学んでいきましょう!

 

マハーヨーギー・ヨーガ・ミッションのブログにも掲載されていますので、是非ご覧ください。

 

 

平成25年7月27日(土)、28日(日)に行われたイベントの様子や参加者の方々の声をご紹介します。

誰もが実践できるヨーガ「働きの秘訣を学ぶ」

日時:平成25年7月27日(日)13時30分〜16時30分

場所:コムズ4F 視聴覚室A・B

 

昨年に引き続き、今年も松山で「誰もが実践できるヨーガ」が開催されました。何と、45名という大勢の方に集まっていただきました。

 

今年のテーマは「働きの秘訣を学ぶ」でした。ここで「働き」とは、会社などでの仕事だけでなく、育児や家事などの家庭内での仕事、学生の学業など、それぞれが置かれている状況においての行為を指しています。

さて、講座は、「働きの悩みベスト7!」から始まりました。そうそう!自分もこれで悩んでいる!と思い当たるところが大いにあったようで、楽しみながらも、とても集中して熱心に聞いておられました。それぞれの悩みに対して、ヨーガではどのような考えで解決していこうとするのか、サーナンダさんとシャチーさんが丁寧でわかりやすくお話ししてくださって、会場からは活発に質問もでていました。

そして、さらにヨーガに踏み込んだ「カルマの法則」「執着」「働きの意味」について、学んでいきました。自分の悩みのからくりを知ることができ、なるほど!そうなんだ!目からウロコ!となり、最後に、「明日からの実践の秘訣!」を学びました。

 

「とてもよかった!」「明日からさっそく実践します!」と、多くの方からよろこびの声があり、キラキラと輝いた笑顔で会場を後にされていました。

始終、軽やかであたたかい空気に包まれ、優しさ溢れる講座でした。

 

最後に、参加された方々の声を紹介します。

「わかりやすいお話で、心にすーっと入ってきました.実践も丁寧におこなっていきたいです」

「サーナンダさん、シャチーさんのヨーガの深さとお人柄のすばらしさを感じることができ、感動しました」

「勉強になりました。もっと早くこういう教えを知りたかったです」

「人間関係で悩んでいましたが、受講させていただき、心が楽になりました。教えていただいたことを実践していきます」

「さっそく明日から実践しよう!と思えることを教えていただいてありがとうございました。明日からの自分が楽しみです」

「一歩ずつ前進していきたいです。強い意志をもって継続できる自分になりたいです」

「好き嫌いが、不平不満の原因になっていることに納得です。さっそく目の前のことに集中して行為することをやっていきたいです」

「昨年参加させていただき、“なるほど!”と思ったことをこの一年間実践してきましたが、いろいろなことがどんどん変わっていくのを実感しています」

 

講座の様子は、ブログでも紹介されていますので、是非こちらもご覧ください。

http://dareyoga.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

 

 

 

インド神話 語り芝居『北極星になったドゥルヴァ』&キールタンワークショップ

日時:平成25年7月28日(日)13時30分〜15時30分

場所:松山ヨーガ・サークル

 

今年のインド神話の語り芝居は『北極星になったドゥルヴァ』でした。

インドの横笛(バンスリー)の笛の音とともに、鈴をならし、キールタンを歌いながらガールギーが登場すると、会場は、古代のインドへと一変しました。そこに居た皆が一瞬にして引き込まれていきました。ドゥルヴァと一緒に悲しみ、ドゥルヴァの真剣さに心打たれ、歓びと感動に涙し、また、ドルヴァの怒りに圧倒されたり…。

 

ヨーギーとしての生涯を通じて、純粋で完全な魂となり、宇宙の宝石である北極星となったドゥルヴァ。また、全ての人が、あらゆる存在が、完全で純粋で歓びに満ちた神なる存在であること知ったドゥルヴァ。

ドゥルヴァという純粋な一つの魂は、皆の中にも同じくある尊いもの。この語り芝居を通して、それぞれの心の中にあるそれが、呼び覚まされたように感じました。

休憩をはさんでのキールタンワークショップでは、物語の中で歌われたキールタンをみんなで練習し、歌っていきました。

何度か歌っているうちに、最初は緊張気味だったみなさんの表情も変わっていき、最後には、皆が一つになっているかのようでした。

参 加されたお一人の方が、後日、アーサナクラスに来られた際に、「歌は苦手だったんですよ。でも、キールタン歌っているうちに、だんだんいい感じになって、 キールタンっていいかも!と思った」と会場でもらった歌詞の用紙を大切に持っておられ、その場で、口ずさまれ、私たちスタッフもそれにつられて一緒に歌っ たりしました。また、「キールタンも学んでいきたい」とうれしい声を聞かせてくださいました。

 

最後に参加された方の声を紹介します。

「神様を常に思い、他の人のために尽くすことが神を愛することだとわかりました」

「不平不満の毎日の自分自身の心を、純粋な心へ変えていきたいと思いました」

「ガールギーさんの歌声と笛がとても素晴らしかった。お話もわかりやすくよかったです。アーサナもキールタンももっと勉強していきたいと思いました」

「間近に貴重な神様のお話が聞けて楽し

かったです。踊りや笛の演奏もあってとてもきれいなシーンでした」

「ドゥルヴァの人生を身近で見ているようでした。彼の歩みは私にとっても励みになるものです」

「感動しました。全ての人の中に神を見たいです」

 

 

語り部・ガールギーのブログ「ジャイ!キールタン」にも当日の様子が綴られていますので、是非ご覧ください。

http://sakti.blog56.fc2.com/blog-entry-288.html

 

 

 

平成24年7月28日(土)、29日(日)に行われたイベントの様子や参加者の方々の声をご紹介します。

インド神話「ラーマーヤナ」語り芝居+インドの歌キールタン・ワークショップ

日時:平成24年7月28日(土)13時〜15時30分

場所:松山ヨーガ・サークル

 

当日は、松山、大洲、西条、新居浜、今治、県外では東京など、遠方からもご参加いただき、会場は満員!小学生からご年配の方まで、幅広くたくさんの方に集まっていただきました。

 

『ラーマーヤナ』は、インドでは古くから語り継がれている、子どもから大人まで誰もに親しまれている物語です。

語り部ガールギーのヨーガで培われた集中力とその魅力溢れる迫真の演技と歌。古代インドに連れていかれるように感じ一気に物語に引きこまれました。主ラーマのために、自らの命をかけたハヌマーン。そんな純粋で一途な愛に触れ、誰もの中にあるといわれる真実の愛と勇気をきっとそれぞれの内に感じたことでしょう。

「この物語は、インドという遠い国で起こったただの物語ではありません。ラーマやハヌマーンは、あなたの胸の中に、今、生き生きと存在しています。思い出してください。これはあなた自身の物語でもあります」お芝居の最後に語られたこの言葉は、私たち皆を大きな愛で包み込んでいるような気がしました。

参加された皆さんからも、

「ハヌマーンのラーマへの愛が伝わってきて感動しました」

「美しい声に感動」「美しい歌声で引き込まれました」

「とくにラストの、ハヌマーンが飛ぶところに感動&もらい泣きしました」

「ラーマーヤナの本は読んだことがありましたが、また新しい感動がありました。ハヌマーンの強さにあこがれます」

などの感想を寄せていただきました。

 

そして、キールタン・ワークショップ。語り芝居の中で歌われたキールタンを皆で歌いました。ラーマーヤナに登場してくる、ラーマ、シータ、ハヌマーンを讃えるキールタンです。みなさんいい感じで歌っておられ、純粋な愛の物語に触れ、自らも芝居の中に入り込んでいくような歓びを感じていたのではないかと思います。

 

「皆さんとのキールタンのワークショップもとても素敵な時間でした」

「皆さんと歌えて楽しかった」

「キールタンも覚えやすく、家でもひとりで歌える気がしました」

是非、お家でも歌って、感動を思い起こしてくださいね。

 

語り部・ガールギーのブログ 「ジャイ!キールタン」にも当日の様子が綴られていますので、是非ご覧ください。

http://sakti.blog56.fc2.com/blog-date-20120802.html

 

 

心を強くする秘訣を学ぼう 〜いつも穏やかであるために〜

日時:平成24年7月29日(日)13時〜16時

場所:コムズ3F多目的室

 

この講座は、現在、京都・大阪を拠点に、1年間12回コースで開催中の「誰もが実践できるヨーガ」の松山特別編として開催されました。当日はたくさんの方にお集まりいただきました。

自分の思い通りにならない心。まずはその自分の心を見つめることから講座は始まりました。そして、その心の仕組みを学びます。それから、実際にどうしていったらいいのか?!長時間に及ぶ講座でしたが、皆さん熱心に受講され、Q&Aのコーナーでは、次々と質問が出ていました。

 

講師のサーナンダさんとシャチ-さんの軽やかな掛け合いと参加者の皆さん一人一人に丁寧に対応される姿がとても印象的でした。これぞヨーギーの姿!!

途中で、アーサナ(ヨーガのポーズ)をした後、瞑想で静かに座りました。ヨーガは初めての方もいらっしゃったのですが、会場はまるでさざ波がぴたりと止んだかのようにしーんと静まりかえりました。心もいつもこのように静かにいることができたらいいですね。

講座が終わった後も、講師を囲んで、またスタッフと一緒に、あちらこちらで輪ができて話がはずみ、とても有意義な会となりました。

皆さん、とてもすがすがしい笑顔で会場を後にされました。

 

皆さんから寄せられた感想の一部をご紹介します。

「自分の中に抱えているものが少しクリアになってきました。毎日の生活のなかでも生かしていけるようにしたいです」

「講師のお二人の心から受け入れてくださる気持が伝わりました。もっと深く学んでいきたいです」

「こういう講座は初めてで、最初緊張していたのですが、サーナンダさん、シャチーさんのお話に引き込まれて、あっという間に時間が経っていました。いつまでも聞いていたいと思い、終わるのがさみしかったです。ヨーガに出会えて本当によかったと思う毎日です」

「本当の自分に向かっていけるように実践していきたいです」

「何事にもとらわれないことが大切だということがわかりました。不安や苦しみは自分が作り出しているということを忘れないでいたいです」

「自分自身が変わっていくことで、周りへのよいプラーナ(気)が伝わっていくのですね。よいプラーナ(気)を感じることができた時間でした。ありがとうございました」

「気持がすっきりしたような、さわやかな気分になりました。新しい勇気がわいてきました」

 

講座の様子は、ブログでも紹介されていますので、是非こちらもご覧ください。

http://dareyoga.blog.fc2.com/blog-date-20120801.html